ツボ式学習法とは

出るところだけを勉強すれば、独学でも合格できる

 

「社労士試験にゼロから短期一発合格するツボ式学習法」は、独学で合格を目指せるプログラムです。

 

市販のテキストや問題集を購入して、自分で勉強していくのです。

 

 

もちろん、ただそれだけではありません。問題は、どのように勉強するか、です。

 

 

勉強の仕方によって、合格率が何倍も変わってくることでしょう。

 

 

「ツボ式学習法」は、独学で勉強するにあたって、どのように勉強すれば最短で合格するのか、その方法論について誰でも実践できるように丁寧に説明してあります。

 

なぜこの学習法で合格できるのか。それは、試験に出るところだけが書かれてあるオリジナルテキストを使って勉強するからです。

 

予備校のテキストには、無駄な部分が多い。

 

予備校のテキストは、実は「試験に出ない部分」も大量に記載されています。

 

そんな部分まで丁寧に勉強していては、いくら勉強しても時間が足りません。

 

 

それに対して、ツボ式学習法で勉強している受験生は、試験に出る部分だけをしっかり勉強しますから、知識は確実になりますし、合格点を取れるということになります。

 

試験に出る部分だけを勉強するという、何ともシンプルな勉強法なのです。

 

 

では、この「ツボ式学習法」には、その「試験に出るところだけ」が書かれたテキストが付属しているのでしょうか?

 

それが、テキストは付属していません。そのテキストは、自分で加工して作成するのです。

 

どういうことかというと、市販のテキストから、試験に出ない部分を削ぎ落として、試験に出る部分だけ記載されたテキストに加工するのです。

試験に出る部分を選別できる。

でもどうやって加工するのでしょうか?そもそも試験に出る部分、出ない部分をはっきり選別できるのでしょうか?

 

そうです、その試験に出る部分を選別できる方法について、「ツボ式学習法」はしっかり伝授してくれるのです。

 

 

この方法を理解した上で、その選別基準にしたがって市販のテキストを加工し、試験に出る部分しか載っていないテキストに仕上げていくのです。

 

ではなぜ、試験に出る部分が事前にわかるのでしょうか?予備校や市販のテキストは、試験に出ない無駄な部分をテキストに載せているのでしょうか?

 

 

それは、このような理由です。